• 亡くなった人の為の式
    葬儀というのは、亡くなった人の為に行う式になります。ですので、一般的には亡くなった人の家族、親族、親しい友人、会社関係などの人間が参列してくれます。
  • 親族に連絡は?
    人が亡くなるということは、残された遺族が葬儀を行うことが必要になります。それに、葬儀を行うとなれば故人の親族に連絡する必要があります。
  • 参列者が少ないのは…
    故人の意思で葬儀を家族葬で行うことは、一番の理由は参列者が少なくなるということです。何かの理由で若い年齢で亡くなった人は、家族や親族、親しい友人、会社関係などの人…

親しい友人に参列してもらう

故人によっては、家族葬であっても凄く親しかった友人にだけ参列して欲しいと言葉を残すことがあります。
その場合は、亡くなった時にすぐに友人に連絡します。そうすることで、葬儀の日程や故人の言葉を伝えることができます。
凄く親しい友人なのであれば、常に連絡を取っていたりするので、葬儀にはお願いしたら参列してくれるでしょう。
しかし、参列をお願いする際には必ず香典は要らない主旨を伝えておくことです。
それでも香典を用意してきてくれた場合は、先ほども言ったように後で香典返しを渡すことになります。… Read more

自由にできる

葬儀の中でも家族葬は、故人のことを一番に思って行うことのできる式になります。
その為、故人が生前に好きだったことを葬儀中に行うことができます。
例えば、音楽が好きなだった人であれば、好きな音楽を葬儀中に流すことができます。
一般的な葬儀でも、好きな音楽を流すことがありますが、ジャンルによっては参列する人間の中には不謹慎だと思う音楽もあります。
しかし、家族葬の場合は家族しかいないのでそういったことを思われることはありません。… Read more

香典は断ることができる

家族葬で葬儀を行うことは、家族だけが参列することになりますので基本的に香典返しを用意する必要はありません。
ですので、家族葬であってもどうしても参列したいという人から香典を貰うことは断ることができます。
香典というのは、不祝儀になります。その為、故人の為に用意したお金になりますが、遺族からはそのお返しとして香典返しを渡すことが一般的な流れになります。
しかし、家族葬の場合は香典返しを用意していないことが多いので、参列者の好意で用意してくれるといっても断ることができます。
その為、家族葬に参列しようと思っている人は香典を用意する必要はありません。… Read more